久我山、浜田山、新宿を中心にパーソナルトレーナーとして活動している大和弘明と申します。

連日晴れが続き、半袖姿の方が増えてきましたね。半袖姿が増えるということは、二の腕を人に見られることも多くなる訳ですが、皆さんはご自身の二の腕に自信はありますか?

今回は、特に女性がコンプレックスをいだきやすい部位である二の腕のトレーニングについて、ご紹介します。

なぜ二の腕はたるむのか?

ほとんどの女性は、ご自身の二の腕のたるみが気になっていて、思い切って半袖やノンスリーブを着れていないのが現実です。二の腕がたるむことによって、肘にお肉がのってしまい締まりのない印象を人に与えてしまいます。

ではなぜ、そんなにも二の腕はたるみやすいのかというと、二の腕の筋肉は普段の生活ではほとんど使われていないためです。カラダは、不要なものはどんどん削っていくという習性があるためです。

二の腕の筋肉の働き

二の腕の筋肉(上腕三頭筋)の主な働きは「肘を伸ばす」こと。つまり、腕で物を押す動作の時に働きます。

ここで日常生活を思い浮かべてみて下さい。この肘を伸ばすという動作、ドアを押す時くらいしか使いませんし、その時に発揮される力は非常に小さなものですよね。

したがって、二の腕の筋肉はトレーニングで意図的に鍛えない限り、引き締まることはなく、どんどんたるんでいく訳です。

二の腕が引き締まっていると印象UP

顔、胸元、脚と同じく、二の腕は露出する機会が多い部位ですよね。この二の腕が引き締まっていると以下のような印象のプラス効果があります。

・後ろ姿が若々しく見える

・腕に付けたアクセサリーがより輝く

・全身が引き締まっているように見える

それでは、二の腕の筋肉を鍛えて皮を引き締めるための、自宅でも出来るトレーニングをご紹介します。

まずは3ヶ月続けてみましょう。

リバースプッシュアップ 難易度☆★★

セット数

10~20回×3セット(間の休憩は1~2分)

ステップ①

丈夫なイスやベッドの縁に浅く座り、両手をお尻のすぐ横につきます。手のつき方は写真の通りです。

ステップ②

胸を張り、上体が床と垂直になった状態で、浮かします。

ステップ③

背中がイスやベッドの縁を軽く擦るくらいの距離を維持したまま、肘が90度になるまで曲げたら素早く肘を伸ばします。この時、胸を突き上げ、肩は下方に引き下げるようにします。

ワンポイントアドバイス

リバースプッシュアップは、二の腕を鍛えるだけの種目ではなく、肩を下げて胸を張りやすくする背中の筋肉も同時に鍛えることが出来ます。肩こりの人が、この種目を2ヶ月程行うことで、肩が正しい位置に下げられるようになり、肩こりが改善したという実績も多くあります。

補足

肘に負担が掛かるため、肘が痛い場合は90度まで曲げないようにするなどして下さい。

まとめ

上半身の種目の中では、かなり負荷が高い種目ですので、全身の脂肪燃焼効果も期待できます。

特に女性の方へのアドバイスですが、まずは3ヶ月続けてみることが重要です。皮を引き締めること=筋肉を鍛えることは、ダイエット以上に時間が掛かる行為だからです。

是非、暑くて腕を出したくても出せない自分を変えていき、気持ちよく夏を過ごしましょう。

当ジムでは、出張パーソナルトレーニングも行っております。久我山、浜田山、西永福を中心に活動しておりますが、都内であればどこでも出張致します。ちょっとでも気になった方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

大和 弘明(職業:パーソナルトレーナー)

ガリガリから細マッチョとなり24/7ワークアウトへ入社し独立。
カラダに対する自身の辛い経験をバネに、豊富な知識と競技者ならではの実践的な指導で
特にダイエットしたい女性や筋肉を付けたい男性を指導している。

賞歴:2016年第68回東京都パワーリフティング〔ノーギア〕選手権大会66kg級 優勝

資格:日本タイ古式マッサージ協会プロフェッショナルセラピスト

活動エリア:杉並区(西永福、浜田山、久我山)、新宿、恵比寿

【大和パーソナルジム拠点】
東京都杉並区大宮2-7-4
京王井の頭線 西永福駅から徒歩5分