大手では教えてもらいえないダイエットのコツ

久我山浜田山、新宿を中心にパーソナルトレーナーとして活動している大和弘明と申します。

あなたは「もともと大手のジムで痩せたけどリバウンドした」「ジムに行っても痩せなかった」といった悩みをお持ちでしょうか?もしそのような悩みをお持ちの方は、本記事をお読みいただくことで、なぜ「痩せたけどリバウンドしたのか」、なぜ「痩せなかったのか」理解することが出来ます。

そして、どのように解決していけばよいか、対策もお伝えしますので、是非あきらめず、理想の自分の体に向かって進み続けましょう。

大手ダイエットジムの広告の罠に注意

インターネット、電車の中吊り広告、テレビCMなどに広告を出しているような大手ダイエットジムの宣伝文句には必ずと言っていい程「2ヶ月でマイナス〇kg!」「2ヶ月で理想の体に!」などのフレーズが目立っています。それを見た人は、「わたしも頑張れば2ヶ月で痩せられるかも!」「2ヶ月で理想の体になれるなら2ヶ月だけ頑張ればいいんだ!」と期待を抱き、ジムに入会する訳ですが、これは完全に罠にはまってしまっておりますのでご注意下さい。

人は皆、「楽に」「早く」「安く」成果を出したいと思っています。その深層心理にうまくターゲットを合わせてCMや宣伝は作られているということを予め把握しておく必要があります。

はじめに言っておきますが、ダイエットに最善のルートはあっても、近道はありませんし、大抵の方の場合は2ヶ月程の短期間で「理想の体」まで作り変えることは不可能に近いのです。その理由は以下の通りです。

①筋肉量が少ない人は脂肪分解スピードが遅いため

②遺伝的に太りやすく痩せにくい人がいるため

③過去の運動経験の有無によって筋トレの成熟度や成熟スピードが異なるため

④栄養摂取の重要性に気付ける人が極めて少ないため

以上が、代表的なものになります。ここまで読んで来ると、「私痩せられないのかなぁ…」とテンションが下がっている方もいると思いますがご安心を。しっかり、最後までお読みいただき、冷静に自分の状況を把握し、対策を講じていきましょう。

大手では教えてくれないダイエットのコツ

コツその1 ~目標設定~

結論、理想の体になるためには、年単位の時間が掛かります。これは、先人のトレーニー方に聞けば、皆そのようにおっしゃります。私は、本気でダイエットをしたい人で、かつ「本気で人生をきれいな体で健康に生きていきたい」と思っている方には「急がば回れ!が何より重要ですよ!」と伝えています。2ヶ月ダイエットをして痩せても、リバウンドしたら全く意味がありません。それよりも、来年の今、今よりもきれいな自分になっていれたら素敵だと思いませんか?テンション上がりませんか?

もう一度言いますよ。

来年の今、今よりもきれいな自分になっていれたら素敵だと思いませんか?

2ヶ月だけでダイエットを完了させることは、極めてリバウンドの可能性が高く、後に今よりも太りやすい体質を招きます。詳しくは、後ほどご説明します。

コツその2 ~栄養摂取~

あなたのダイエットのイメージは、「何かをマイナス」することだと思っていませんか。「食べる量をマイナスする」「体重をマイナスする」など。ですが、そのイメージは半分不正解です。

ずばり、ダイエットとは「プラスしていくこと」と言っても過言ではありません。

特に、食物繊維を含め、栄養素の摂取が不足している人が極めて多いのです。このことは、皆さん自覚されていますが、何か病気を発病していない人は本気で改善しようとしません。

トレーニングをしていない人でさえ、栄養素が不足し、さまざまな生活習慣病になっている方が多いのに、さらにダイエットだからといって体に負担を掛けるトレーニングを行うということは、絞った雑巾をさらに絞って水を出そうとするようなもの。遅かれ早かれ、怪我をするか病気になるでしょう。特に、脂肪分解、筋肉の修復にはマルチなビタミンとミネラルが必要ですが、その摂取を怠るということは「痩せる気あるますか?」という話になります。

ダイエットの目標設定について

ここからは、上記で書いた2つのコツを詳しく説明していきます。

まず初めに、ダイエットを始めるにあたって目標設定が最も重要です。プロテインを買う。かわいいトレーニングウェアを買う。シューズを買う。そんなことよりも、目標設定をきちんとしましょう。

目標設定のやり方

ゴールの明確化の3ステップ

すんなりと理想の体になれたら、皆苦労しません。必ず、停滞期間があったり、気持ちが沈んだり、他のストレスが影響してしまったりします。そんな時のために、ゴールを明確にしておきましょう。このステップをないがしろにしている人がほとんどです。だから92%がダイエットに失敗しているのです。

1.理想とする体に近いモデルさんなどの画像を探しましょう。

2.着たい服のサイズ感を感じておきましょう。(試着してみた方が良い)

3.なぜダイエットをしないといけないのか?したいのか?を思いつく限り羅列しましょう。

以上の3ステップを毎日確認できる状態にしておきましょう。

期間設定

太っていても筋肉量が多い人や、太っていて筋肉量も少ない人など状況は皆異なります。他人と競争したり比較することは無意味です。自分の中で最善を尽くすことが大切です。

減量期間は最低2ヶ月間、長くて3ヶ月間として、減量期間終了後、2ヶ月間程は減量出来た状態を維持します。この期間中は、筋トレは最低週1回は行いたいところです。人間には、「現状を維持する」機能が備わっています。体重、体脂肪率も、現状を維持するという機能によって保たれているのです。なぜこんな機能があるかというと答えは簡単です。体脂肪も人間にとって非常に重要なものであり、これが急激に減少することは生命的には危機なのです。減量期間を長くて3ヶ月としているのは、この機能があることによって「それ以上痩せられなくなってしまう」ため。「辛いことは一気にやってしまいたい」という気持ちは十分わかりますが、3ヶ月間の減量後は、2ヶ月間の維持期間を設け、この間は炭水化物を適度に摂取して代謝を上げ、更に減量するための準備期間とします。

<ダイエットの流れ>

減量期間2~3ヶ月間 → 維持期間2ヶ月間 → 目標に応じて再度減量期間へ

基本はこの繰り返しになります。したがって、リバウンドしない状態をつくるためには、最低5ヶ月は必要ということです。はじめから、ダイエット=減量期間+維持期間であると知っていれば、後で知らずにリバウンドをして、減量期間の努力を無駄にせずに済みます。

減量期間・・・糖質制限や脂質制限と筋トレを行う期間

維持期間・・・適度に炭水化物を摂取し筋トレも行いながら筋肉量を増やし代謝を上げる期間

栄養摂取について

私個人的な意見としては、「栄養摂取>睡眠>筋トレ」の優先順位だと考えています。

ダイエットは単純な引き算ではなく、体を作り変えること。言い換えると、体質改善(太りやすい体質を変えること)です。単純な引き算であれば、何も食べなければOKということになりすが、体質を変えていくためには、時に「今まで食べていたものを変える」「今まで食べていなかったものを食べる」と言った変化を与えていく必要が当然ある訳です。トレーニングはあくまで補助であり、ダイエットなどの体づくりを完成させる土台となるのは、栄養摂取です。ここでは、ダイエット目的で来られるお客様に多く不足している栄養素をご紹介します。

不足しがちな栄養素

 コップ1杯を1~2時間おきにこまめに飲むようにしましょう。水を飲むことで、腎臓の機能を向上させることが出来、それだけでも消費カロリーは増えます。また、栄養が体に届きやすくなります。

マルチビタミン・ミネラル 脂肪分解、筋肉量UPには必要不可欠なので、サプリメントを活用しましょう。5000円以上のものであれば、天然由来のものが購入可能です。サプリメントが嫌な人は、頑張って有機野菜から摂って下さい。サプリメント以上にお金も手間もかかりますが。

食物繊維 お通じの良い状態を保つため1日最低20gは摂取しましょう。手に山盛りの野菜・キノコ・海藻を1日3回食べると大体20gは摂取出来ます。便秘の人はダイエットを始める前に改善しておかなければ、減量がスムーズにいきません。

良質な脂質 肉より魚を選んだり、揚げ物などの脂質の摂取は控えましょう。特に、魚に含まれる脂質には体脂肪を燃焼させる働きがあります。食べるだけで体脂肪が燃焼するなんて、いいよ思いませんか?それに、お通じ改善にも役立ちます。

これらの栄養素を補うことで、最善のダイエットを行うことができ、結果的に最短で成果を上げることができます。

それでも痩せない…という人へ

栄養摂取もきちんと行い、筋トレも行っているのに痩せないという人も当然いるのですが、それはなぜでしょうか。2つのポイントに分けて説明します。

ポイント①

本当は変化してきている(体脂肪が減少しているor筋肉がついてきている)のに、そのことを数字的に確認出来ていないだけの可能性があります。その場合は、InBodyといった高精度の測定器で測定してみることをお勧めします。InBodyは高価なため、大手フィットネスクラブなどに置かれていることが多いですので、体験などで行って、ついでに測定してもらうと良いでしょう。

ポイント②

筋肉量が少ないことで、脂肪脂肪燃焼に時間が掛かっている可能性があります。筋肉は、言わばエンジンで、体のエネルギー源を燃焼させる場所です。その場所が多い方が燃焼される量は増えます。特に女性で痩せない場合は、この筋肉量不足が原因の場合が多いです。

その場合は、焦らず、一度筋肉量を増やす期間を設ける必要があります。その方が結果的に最短で痩せることが出来るでしょう。

筋肉量を増やす期間は、出来れば指導を受けながら筋トレを行い、適度に炭水化物を摂取し筋肉量を増やすことに努めます。筋肉が少ない方は、もともと運動経験も少ない人が多いので、3ヶ月間この期間を設けましょう。その後で、以前よりも筋肉量が増えた状態で減量期間に入ると良いでしょう。

まとめ

自分に合った目標、期間を設定し、栄養摂取を心掛けることが、ダイエットの最善の進め方になります。

ただ、がむしゃらに食べる量を減らしたり、筋トレを頑張ってもコツをつかんでいなければ体の変化は起きません。

何のためのダイエットでしょうか?これから何十年と生きていく体を、美しく、健康的にするためのダイエットではないでしょうか?

当ジムでは、その方に合わせた目標設定をサポートさせて頂いており、計画的に確実なボディメイクを行っております。

 

大和 弘明(職業:パーソナルトレーナー)

ガリガリから細マッチョとなり24/7ワークアウトへ入社し独立。
カラダに対する自身の辛い経験をバネに、豊富な知識と競技者ならではの実践的な指導で
特にダイエットしたい女性や筋肉を付けたい男性を指導している。

賞歴:2016年第68回東京都パワーリフティング〔ノーギア〕選手権大会66kg級 優勝

資格:日本タイ古式マッサージ協会プロフェッショナルセラピスト

活動エリア:杉並区(西永福、浜田山、久我山)、新宿、恵比寿

【大和パーソナルジム拠点】
東京都杉並区大宮2-7-4
京王井の頭線 西永福駅から徒歩5分

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です